アニメーションノート―アニメーションのメイキングマガジン (no.04(2007))クリエーター向け

アニメーションノート―アニメーションのメイキングマガジン (no.04(2007))(ムック)

ムック: 132ページ
出版社: 誠文堂新光社 (2006/12)

「絵が上手い」アニメーションのメイキングを大公開! 「鉄コン筋クリート」「パプリカ」「サザエさん」などの裏側に迫る。山村浩二インタビュー、森本晃司×okamaスペシャル対談なども収録。


特集は、大公開!絵が上手いアニメーションのメイキング。キャラクターデザインや背景(美術)を描く高い画力のあるクリエイターの作品を取り上げ、解説しています。

●特集『大公開!絵が上手いアニメーションのメイキング』●取材対象:鉄コン筋クリート/パプリカ(今 敏)/天元突破グレンラガン(ガイナックス)/サザエさん(エイケン)/山村浩二/Amazing Nuts!(STUDIO4℃)/森本晃司×okama(対談)/ワイルドアームズ(ザ フィフスヴァンガード)/CLOCK UP(ツヴァイ・ウォルター)

書名 アニメーションノート No.4
副書名 SEIBUNDO MOOK
著者、編者名 アニメーションノート編集部編
判型 A4変判 頁数 136頁
誠文堂新光社ホームページ  -刊行雑誌の最新情報等。 

クリエーター向けのアニメ誌が創刊(12/10)
[ 新発売/新作 ]
 子供の科学やホビー分野の雑誌出版で知られる誠文堂新光社が、アニメーションメイキングマガジンと名を打ったアニメーションクリエーター向けの新雑誌「アニメーションノート」を創刊する。発売は12月下旬となる。雑誌の巻頭特集は「HOW TO アニメーション」となっており、インディペンデント・アニメーションの大家である新海誠やゲームクリエーターの小島秀夫、実力派アニメ監督の今敏の名前が見出しに並んでいる。
 セルアニメーションから派生した2Dアニメーション技術と3DCGアニメーション技術の接近やゲーム映像の高度化などによるアニメーション分野のクリエーターの領域拡大を見越した雑誌の創刊といえそうだ。
 アニメ雑誌は、業界トップで角川書店が発刊する「Newtype」や徳間書店の発刊で老舗の「アニメージュ」、さらに学研の「アニメディア」といった具合に、総合アニメ雑誌では既存の雑誌が安定した体制を築いている。一方で、今年に入ってこの分野にインデックス・マガジンが「アニメーションRE」を投入するなど、新たな参入が増える兆しも出ている。
 しかし、一般に新刊雑誌は競争の厳しい総合アニメ誌を避ける傾向にある。アニメブームともいえるほどのアニメ製作本数の増加や、「アキバ」、「萌え」への注目ほどにアニメファンの数が増えているようには見えない。また、従来からアニメ総合誌の販売は、限られた市場の喰い合いといった傾向が強かったからだ。
 11月に発売された角川書店「NewWORDS」は、従来のアニメ雑誌より高年齢の層とアニメ以外の映像やゲームなどの取り込みを目指している。また、12月に発売されるオタクという切り口で市場の開拓を目指す「オタク・エリート」などもそうした例であろう。
 今回の「アニメーションノート」も、クリエーターのためのアニメ雑誌といった点で、やはり従来にない隙間市場を狙っているといえる。
 ティーン向けのアニメ雑誌が複数あるなかで、20代以上などを中心とするアニメ雑誌が不在のマーケットも複数存在する。相次ぐ新アニメ関連誌の創刊は、そうした隙間市場のニーズをいかに掴み、市場を打ち立てるかへの挑戦なのだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック