ookabuto

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり金目当て!アニータ・アルバラード(34)離婚に向けて慰謝料要求か!「バンキシャ!」タクシー

<<   作成日時 : 2007/02/04 23:28   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ハッスル! スペシャル・エディション

DVD発売日: 2005/2/25
時間: 115 分

日本で物議をかもしたアニータ・アルバラードの出演と、大胆で過激な官能シーンの数々が話題を呼んだチリ製のエロティックサスペンス。欲望と誘惑が渦巻くサンチアゴを舞台に、ひとりの魔性の女に溺れ、運命の歯車を狂わせていく兄弟の激しい愛憎劇。

サンチアゴの裏社会を牛耳るボスの情婦を愛してしまった兄弟の愛憎劇を描いた作品。日本語吹替版では女優・高樹マリアがヒロイン・グラシアをセクシーに熱演している。
----------------------------------------
日本のテレビ局は、相手にしないでほしいです。お金あげる必要なし。
日本テレビ「真相報道 バンキシャ!」がタクシー代支払う。
アニータさん 帰国…駆け足で搭乗口に 【拡大写真】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070204-00000003-maip-soci.view-000
知り合いの見送りを受け笑顔を見せるアニータさん=成田国際空港で3日午後0時42分、柳澤一男撮影(毎日新聞)
アニータさん 帰国…駆け足で搭乗口に - 毎日新聞

アニータ日テレスタッフに「オカネ」要求
青森県住宅供給公社をめぐる14億円横領事件で服役中の千田郁司受刑者(49)のチリ人妻アニータ・アルバラード(34)が3日午後、成田発フランクフルト行きの日航機で離日した。飛行機に乗り込む直前まで「オカネ!」と絶叫、自分で航空券購入したことを強調し、さらに4日間の日本滞在で行動をともにした日本テレビの番組スタッフに金銭要求までした。千田受刑者から約11億円を受け取りながら、最後まで金への執着を見せた。
 チリに戻るアニータが成田空港で報道陣に囲まれた。この4日間、行動をともにした日本テレビ「真相報道 バンキシャ!」のスタッフ男性が通訳を介して質問を浴びせた。
 バンキシャ!「(日本の)テレビ局からお金をもらった?」。
 アニータ「ちがーう、全然。絶対、ちがーう」。
 それまでスペイン語で答えていたが、突然、日本語で反応し、顔が瞬時に険しくなった。
 アニータは、今回の日本旅行の費用について「ワタシ、チリ(の飛行機代)から全部払ったよ。5000ドル(約60万円)ね。日本でセッタイ受けたのに、オカネもらえなかった」と日本語で口走った。さらにスペイン語でも「どこからも何ももらっていない。いったい日本のマスコミはなんなのよ」と吐き捨てるように毒づいた。
 搭乗手続き後、スタッフ男性を見つけると「オカネ、オカネ払ってよ」と詰め寄った。男性は右手を振り払うしぐさをしながら「ペイ(支払う)する」などとアニータに答えていた。
 アニータは、「バンキシャ!」が青森市で事前に予約したタクシーを使い、1日は12時間かけて山形市まで移動。タクシー会社関係者によると乗車料は約19万円になるという。陸路移動のタクシー代を「バンキシャ!」に支払ってもらったことで、アニータは日本での滞在経費なども負担してくれるものと思っていたようだ。
 飛行機に乗り込む直前に日本語で「飛行機も宿泊代も全部ワタシが払った。チリに帰ったらテレビで話す」と鼻息を荒くし、自筆のスペイン語で書いた「来日に当たっては日本人から航空券を買ってもらったのではない」との紙を日本テレビのカメラクルーに渡した。横領金額14億4600万円のうち11億円を受け取ったにもかかわらず、最後まで金にこだわった。
 アニータの金をめぐる発言と番組との金銭契約などについて、日本テレビ総合広報部は「アニータさんの成田での一連の発言等については、当社としても真意を測りかねております。その他の質問については、取材の経緯に関することですので、お答えしかねます」とした。
日刊スポーツ (4日22時3分)

アニータ また日本でひと儲け
31日、成田空港にひょっこり現れた日本一有名なチリ人、アニータ・アルバラード(34)。突然の来日に約50人の報道陣が殺到し、空港はてんやわんや。アニータは片言の日本語で「ダンナとハナシある」「これからアオモリ行く。みんなイラッシャイ」とミョーに愛嬌を振りまいていた。
 6年ぶりの来日は、チリのテレビ番組収録のため。青森県住宅供給公社14億円横領事件で、8億円を貢がせた「ダンナ」の千田郁司受刑者(49=服役中)と離婚に向けて話し合う姿を撮影するという。
「以前は遊び人風の実業家と交際していたアニータですが、今は地味で真面目な鉱山技師と付き合い、再婚を考えている。チリでは離婚に相手の承諾サインが必要なため、刑務所で千田に直接会い、意思を確認するつもりです」(事情通)
 出稼ぎ売春婦の過去を逆手に、自伝やCDを発売、出演映画ではヌードまで披露。海外で“活躍”したオンナとしてチリでは英雄視されている彼女。人気は今も絶大で、同行するテレビ局が最近アニータの私生活を放映すると、瞬間視聴率30%を獲得した。まるで“チリのデヴィ夫人”といった扱いなのだ。
「お騒がせぶりは相変わらず。公社側との和解の過程で横領金で建てた豪邸やレストランなどを失い、05年にはチリ人女性を日本で売春させたとして逮捕。さすがに万事休すと思われたが、証拠不十分で釈放後には売春報道の火付け役だった現地のテレビ局を訴え、7億ペソ(約1億6000万円)の賠償金を手に入れました」(現地関係者)
 昨年は技師との間にもうけた7人目の子を出産。16歳の娘は今年モデルとしてデビューした。千田との再会劇も、きっとどこかの日本のテレビ局が大金はたいて放送するに違いない。
2月4日10時0分配信 日刊ゲンダイ

[特集] 県住宅供給公社 14億円使い込み - 東奥日報

アニータさんが実業家と親密交際 - 東奥日報(2002年11月1日)
 【リオデジャネイロ31日共同】三十一日付のチリ各紙は、県住宅供給公社の巨額横領事件で公判中の千田郁司被告のチリ人妻アニータ・アルバラードさん(29)が、豪邸を競売で落札した実業家リカルド・ロメロ氏(50)と親密に交際している、と報じた。
 地元紙は、白いドレス姿のアニータさんが二十九日深夜、背広姿のロメロ氏とサンティアゴ市内の高級レストランで食事をし、車で一緒に立ち去る写真を掲載した。
 アニータさんは「恋人関係ではない」とし、ロメロ氏は「商談のため。彼女とは世界が違う」とロマンス説を否定しながらも「話をしていて楽しい」と話している。

真相報道 バンキシャ!  - 日本テレビ
詐欺・横領事件 -Yahoo!ヘッドライン
ハッスル! スペシャル・エディション [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっぱり金目当て!アニータ・アルバラード(34)離婚に向けて慰謝料要求か!「バンキシャ!」タクシー ookabuto/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる